トランプ米政権、南シナ海での「航行の自由」を重視=「中国が理解しないと争い勃発」―米保守系シンクタンク幹部が東京で警告

八牧浩行    2017年10月28日(土) 5時0分

拡大

(1 / 2 枚)

米ヘリテージ財団のローマン・アジア研究センター長が東京で会見。米国が南シナ海で最も重視している利益は海洋航行の自由であり、「中国側が理解すべきだ」と強調。「米中間で争いが勃発するとしたらこの点をめぐってであろう」と警告した。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携