<書評>信念貫くことで「動かぬはずの山」が動いた=小島康誉著「21世紀は共生 国際協力の時代」

如月隼人    2021年5月16日(日) 13時0分

拡大

小島康誉氏は新疆の地では極めてよく知られ、尊敬されている人物という。本書では、小島氏の新疆、そして中国とのかかわりが、当事者の視点から語られている。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携