日本で開発された「活魚バッグ」が韓国でも話題に=「残酷だ」との声も多数

Record China    2021年5月13日(木) 21時20分

拡大

10日、韓国・ソウル新聞は「いつでも新鮮な刺し身を味わえるように、持ち運びできる携帯用水槽が日本で登場し、関心を集めている」と伝えた。資料写真。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携