「十四五」時代の日中ビジネス(2)イノベーション駆動

松野豊    2021年5月12日(水) 9時40分

拡大

中国の第十四次五か年計画において、日本企業の中国ビジネスという観点から注目すべきもの、第二番目はイノベーション駆動による経済成長である。資料写真。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携