時速160キロの全自動運転スマート市内列車、成都に登場―中国

人民網日本語版    2021年4月25日(日) 7時0分

拡大

全自動運転、スマート検査システム、5G通信技術、イーサネット列車制御システム。22日に開かれた成都国際工業博覧会に、複数の鉄道交通分野の新しい成果と製品が登場した。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携