復旦大学が「着るディスプレー」を開発、100回洗っても大丈夫―中国

人民網日本語版    2021年3月13日(土) 15時20分

拡大

(1 / 4 枚)

ディスプレーを着るという発想はあっただろうか。部品の機能、紡績方法、織物の形態を一体に融合した私たちの着ている服でニュースをチェックし、情報を送受信し、メモを取る。研究者はこれを目指し取り組んでいる。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携