台湾の「脱中国」、次は「国章」?国民党章に酷似が理由、慎重論や反対論も噴出

Record China    2021年2月6日(土) 8時20分

拡大

台湾の国章の変更検討を求める決議案が立法院本会議で可決された。国章が最大野党・国民党の党章と酷似しているとの理由で「脱中国」の動きともみられるが、慎重論や反対論などが噴出している。写真は台北。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携