化学工場から刺激臭、近くの学生寮から29人が病院へ―北京市

Record China    2007年6月5日(火) 8時20分

拡大

(1 / 3 枚)

2007年6月4日、北京市内の化学工場で、原材料であるエチレンと刺激臭のある酢酸プロピレンが流出。工場にほど近い専門学校の学生寮にいた学生29人が不調を訴え、病院で治療を受けた。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携