中国駐日大使、荒唐無稽な抗日ドラマに苦言「娯楽に走りすぎるべきでない」―中国メディア

Record China    2014年3月4日(火) 20時50分

拡大

(1 / 2 枚)

3日、中国の程永華駐日大使は、中国で娯楽性を重視した荒唐無稽なテレビドラマ「抗日神劇」が増えていることについて、「歴史を厳粛かつ理性をもって認識することが大切だ。娯楽に走りすぎるべきではない」との見解を示した。写真はカンフー抗日ドラマ「真心英雄」。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携