【CRI時評】男性の無残な死が米国の「慢性疾患」を改めて暴いた

CRI online    2020年5月30日(土) 22時55分

拡大

米国では最近、アフリカ系男性一人が白人警察官の暴力的な公務執行でなぶり殺しになったことで、各地で大規模な騒乱が発生した。同国では新型コロナウイルス肺炎の感染で死亡した人が10万人を突破したが、この事件が火に油を注ぎ、今なお鮮血がしたたる人種差別の傷跡がさらに露呈することになった...

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携