新生児がワクチン接種後に死亡、問題の会社が製造のワクチン4400万本はすでに中国全土へ―四川省眉山市

Record China    2013年12月24日(火) 17時11分

拡大

(1 / 2 枚)

24日、法制晩報によると、中国四川省眉山市で21日、生まれた翌日にB型肝炎のワクチンを接種した新生児が、その10時間後に死亡した。家族は新生児の死亡はワクチン接種と関係があるのではと疑っている。写真はB型肝炎ワクチン。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携