【観察眼】「武漢」と病名の結びつけは、国際協力をも阻害する悪意ある発想

CRI online    2020年3月10日(火) 23時45分

拡大

3月9日現在までに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は100余りの国・地域に広がり、「新型肺炎との戦い」はもはや全人類共通の戦いとなっている。 世界が手を携えることが求められる中、一部の米国の政治家たちは相も変わらず意図的に「武漢ウイルス」という名称を連呼している。...

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携