GSOMIA継続、韓国政府の日本批判に「感情対立あおっている場合では」と韓国紙、「日本の自画自賛は無視を」とも

Record China    2019年11月30日(土) 22時10分

拡大

日韓GSOMIAが一転して継続となった後、韓国政府からは日本側の対応をめぐり、批判が相次いでいる。韓国紙は「感情対立をあおっている場合ではない」と自制を呼び掛けた。写真は文大統領(韓国大統領府Facebookアカウントより)。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携