<コラム>鎌倉御家人「児島高徳」と越の忠臣「范蠡」の生き方

工藤 和直    2019年10月9日(水) 23時30分

拡大

春秋戦国時代を飾る英雄として呉王「夫差」と忠臣「伍子胥」、越王「勾践」と忠臣「范蠡」の関係がよく言われる。この范蠡を日本で有名にさせたのが、鎌倉御家人「児島高徳」が刻んだ一句の漢詩であった。

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携