身長190センチ、5000年前の「山東の巨漢」の骨格を博物館で展示―北京市

Record China    2018年7月12日(木) 1時0分

拡大

(1 / 5 枚)

北京市内にある中国国家博物館で10日、2017年に発見された山東省聖済南市にある章丘焦家遺跡の発掘調査の結果を紹介する展覧会が始まった。展示品の「目玉」は身長190センチの「山東大漢(山東の巨漢)」と呼ばれる男性の骨格だ。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携