米軍機の中国大使館爆撃、中国で改めて「誤爆ではない、故意だ」と非難の報道

Record China    2018年5月9日(水) 0時20分

拡大

中国メディアは7日、1999年5月の同日に米軍爆撃機がベオグラードにあった中国大使館を爆撃し、30人近くの死傷者を出した事件について「誤爆ではない。故意だ」として米国を強く非難する記事を掲載した。資料写真。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携