“慰安婦映画”を観たソウル市長が日本に謝罪を要求「まずは加害者が」

Record China    2018年7月5日(木) 7時10分

拡大

4日、韓国・ソウル経済によると、韓国の朴元淳ソウル市長が、慰安婦問題を扱った韓国の映画「Her story」を鑑賞し、その感想を語った。写真はソウル。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携