Record China

ヘッドライン:

李白もびっくり!?昔は辛くなかった四川料理、激辛化したのは200年程前から―中国

5月3日 21時26分
4月30日、2000年の歴史を持ち、激辛で知られる四川料理が、昔は実は辛くなかったという。
2009年4月30日、中国サイト「国家歴史」によると、2000年の歴史を持ち、激辛で知られる四川料理が、実は昔は辛くなかった。詩人の李白や蘇東坡が食べていた四川料理は、現在の四川料理とは全くの別物だという。

その他の写真

記録によれば、もともとの四川料理も香辛料が多く使われてはいたが、現在のようには辛くなかったという。しかし、度重なる戦火で成都などが荒廃し、人々も他の地域へ移り住むことで、明代末期には本来の四川料理は完全に失われてしまった。

現在の四川料理が生まれたのは、清朝の乾隆帝時代(1735年−1795年)で、2000年という歴史からすれば、ごく最近のこととも言える。この頃、主に湖北省や湖南省、広東省など中国南部から四川省へ多くの人が移住するようになったが、そうした民族移動のさなか、福建省から四川省へ行こうとしていたある男性が、湿気から荷物の豆に虫がわかないようにと干して唐辛子を入れたことがきっかけで生まれたというのが、有名な唐辛子味噌の豆瓣醤(トウバンジャン)だ。これを機に、唐辛子をふんだんに使った現在の「激辛」四川料理が生まれたのだという。

古代の文人や王など、多くの人が四川料理を称える言葉を残しているが、現在の四川料理を食べたら何というのだろうか。もしかしたら「耐え難い代物」と感じるかもしれない。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

<在日中国人のブログ>麻婆豆腐に見る「郷に入っては郷に従え」

<在日中国人のブログ>麻婆豆腐に見る「郷に入っては郷に従え」

本場・四川人もびっくり!「変態手羽先」が大人気、あまりの辛さに販売停止命令―四川省成都市

本場・四川人もびっくり!「変態手羽先」が大人気、あまりの辛さに販売停止命令―四川省成都市

<激辛>火鍋、食べすぎで食道ガンに―遼寧省瀋陽市

<激辛>火鍋、食べすぎで食道ガンに―遼寧省瀋陽市

首相が教える中華料理、「3つの秘訣」を伝授―中国

首相が教える中華料理、「3つの秘訣」を伝授―中国

<グルメ特集・中国人の大好物3/10>人気は全国区!四川風肉細切り炒め

<グルメ特集・中国人の大好物3/10>人気は全国区!四川風肉細切り炒め

新着動画

何事!?男が猛ダッシュでボンネットに乗ってきた

何事!?男が猛ダッシュでボンネットに乗ってきた

「お次の方~」「はいワン!」自分で椅子まで行って毛をカットしてもらう犬

「お次の方~」「はいワン!」自分で椅子まで行って毛をカットしてもらう犬

小学生が登校中にニワトリに遭遇!そっと逃げようとしたが…

小学生が登校中にニワトリに遭遇!そっと逃げようとしたが…

30年前に豊胸手術をした女性に異変、手術をしたら黄色い液体が噴き出す

30年前に豊胸手術をした女性に異変、手術をしたら黄色い液体が噴き出す

違法駐車のせいで消防車が進めない!近隣住民が車を横転させる

違法駐車のせいで消防車が進めない!近隣住民が車を横転させる

最新記事はこちら
最上部に戻る