Record China

ヘッドライン:

「子育て=母親の責任」は日本の伝統か、育児における中国との違い

武小燕
10月17日 14時40分
先日、久しぶりに会った友人と一緒に食事し、お互いの子育てや日常生活を語り合いました。この友人は障害の子どもを持っています。これまでは障害児を対象とした施設に通っていましたが、来年の小学校進学に合わせどんな学校に入るか夫婦で調べたそうです。その子は重複障害を持っているため、子どもにも実際に通わせてみながら、最終的に家から車で約20分の盲学校に入ることになりました。

食事の席で、彼女は突然「子育てのことはどうして母親ばかりに押し付けるのだろうか」と少し憤慨した様子で話し出しました。彼女の夫は子育てに非常に熱心な方なので、私は少し驚きましたが、実は彼女のママ友の話でした。そのママ友の子どもは医療的ケア児で、なかなか受け入れてくれる学校がないそうです。

医療的ケア児とは、嚥下(えんか)機能の障害で鼻からチューブを通して胃に栄養剤などを直接入れる処置や、自発呼吸ができないことで人工呼吸器をつけて喉から直接通気を確保する処置を受けている子どもたちのことを指します。医学の発達によって救われた子どもが増えている中で、医療的デバイスを常につけていなければならない子どもたちも増えています。

日本の障害基準は身体能力と知的能力によって分けられているため、知的な遅れも身体的な不自由もない医療的ケア児であれば、障害児ではないことで特別支援学校に入るわけにはいきません。一方、日常生活で常に医療的デバイスをつけておかなければならないことと、必要に応じて痰吸引などの処置が常に必要とのことで、通常の学校もなかなか受け入れにくいのが現状です。そのママ友は子どもの就学に当たり、学校から求められたのは母親の就学同伴でした。これに私の友人が怒ったわけです。

救えなかった子どもが医学の発展で救われるようになったことは喜ぶことですが、医療的ケア児の親にとって手放しで喜ぶことができません。幸いに救われて知能的にも身体的にも元気ですが、親の同伴がないと学校を通えないのは悲しいことです。とりわけ義務教育の段階には行政は環境を整備して子どもの教育権を保障する責務があるのに、それを放棄して保護者に押し付けてよいはずがありません。友人は静岡出身でとても穏やかな性格です。彼女に会うたびに、私は旅先で見た静岡の茶畑を思い出します。温かい日差しと山腰に広がる緑の波のような茶畑は、どこかのびのびとした気持ち良さを感じさせます。そんな彼女が怒っている姿は初めて見ました。

おそらく、彼女の怒りはこの件だけではなく、社会のいろいろなところに潜んでいる母親への子育ての強要に対するものだと感じました。母親による子育ては当たり前のことですが、母親のみが子育てをすべきかというとちょっと違います。しかし、普段の生活にしても、看病にしても、学校などとのかかわりにしても、子どもに関することの多くはどこか母親の役割だと考えている人が少なくありません。その母親はたとえ父親と同じようにフルタイムに働いているとしても、母親だけが専業主婦のように子育てにかかわることが求められます。児童虐待のニュースが出ると、父親が主犯人であっても、母親の写真が大きく取り上げられます。

母親の子育ての責任を主張する人はこれが日本の伝統だというかもしれません。しかし、江戸期は武士層を中心にむしろ父親が子どもを育てた時代でした。母親の役割は夫に仕え、舅姑に従順に孝行を尽くし、子育てでは夫や舅の意志に従って養育するものでした。百姓のなかでは、子どもは村落共同体の一員として村社会に育てられるものでした。母親の子育ての役割は、明治以降の良妻賢母主義の女子教育と戦後の「男は仕事、女は家庭」という性別役割分業を通して徐々に強化されてきました。旧文部省の社会教育局が1968年に出版した「家庭の生活設計」では女性の役割について主婦、妻、母親、労働者、市民の順と求めています。家庭や子育てについて母親が主な役割を果たすべきという認識は、生まれつきのものではなく、長い年月をかけて社会的に作られたものであり、ジェンダーの一部です。

医療的ケア児の就学に対する母親同伴の要求はこうした認識から安易に発したものだろうと考えざるを得ません。実態としても、医療的ケア児の主介護者は98%が母親であり、そのなかの超重症児の主介護者は100%が母親であるという調査結果があります(高橋昭彦『地域の現状からみた小児在宅医療の目指すところ』2016年3月より)。

中国では女性の代名詞として「半辺天」という言葉があります。それは空の半分という意味で、女性は男性と同じように社会の半分を支え、家庭でも職場でも活躍してよい存在です。かつて、儒教の影響で女性は男性に対して日本以上に従属的な地位にあり、社会に出ることが認められなかったが、1950年代の女性解放運動によって女性の社会的な地位が大いに高まりました。それと同時に、男性も家事をしたり子育てを支えたりすることが当たり前のことになっています。

中国の家庭では、父親は料理を作ったり子どもの面倒を見たり、学校の保護者会に参加したりすることはごく当たり前のことです。日本では近年、男女共同参画社会を進め、男性の育児参加が大いに増えています。16年前に日本に来た時には、町や公園で子どもを抱っこする男性の姿をほとんど見ませんでしたが、今はしばしば見かけるようになりました。イクメンも肯定的な言葉として定着しつつあります。

それはとても望ましい変化であり、改善されたのは単なる夫としての家事協力や父親としての育児参加という家族内の関係に留まらないことを期待します。児童憲章で提唱されたように、「児童は、社会の一員として重んぜられる」。子どもは社会の一員です。特別支援学校にも通常学校にも通えない医療的ケア児の教育権を保障するには、考えられる提案は決して母親の就学同伴だけではないでしょう。

■筆者プロフィール:武小燕
中国出身、愛知県在住。中国の大学で日本語を学んだ後、日系企業に入社。2002年に日本留学し、2011年に名古屋大学で博士号(教育学)を取得。現在名古屋経営短期大学准教授。教育、子育て、社会文化について幅広く関心をもっている。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本は育児天国…と思ったら大間違い、幼稚園の騒音すら許さない人間関係の薄い社会だった―中国メディア
2017年5月6日 8:50

日本は育児天国…と思ったら大間違い、幼稚園の騒音すら許さない人間関係の薄い社会だった―中国メディア

「中国侮辱番組」と「精神日本人」、中国の愛国教育がもろ刃の剣に―米華字メディア
2018年9月28日 7:20

「中国侮辱番組」と「精神日本人」、中国の愛国教育がもろ刃の剣に―米華字メディア

「愛国教育」しなくても日本人は国を愛する、実は中国のおかげ?!―中国コラム
2018年7月29日 14:0

「愛国教育」しなくても日本人は国を愛する、実は中国のおかげ?!―中国コラム

「さすが日本」「これこそが正しい教育」=韓国ネットが絶賛した日本のドライブレコーダー映像
2017年10月7日 15:50

「さすが日本」「これこそが正しい教育」=韓国ネットが絶賛した日本のドライブレコーダー映像

なぜ日本の幼稚園教育は世界トップレベルなのか?―中国メディア
2017年8月31日 10:50

なぜ日本の幼稚園教育は世界トップレベルなのか?―中国メディア

新着動画

電動自転車のバッテリーから突然出火!爆発までわずか13秒

電動自転車のバッテリーから突然出火!爆発までわずか13秒

ラクダの横を通りすぎようとしたら蹴られた!

ラクダの横を通りすぎようとしたら蹴られた!

割り込みが原因でブランド女とおばさんが大喧嘩

割り込みが原因でブランド女とおばさんが大喧嘩

白昼の公園で突然!男がペンチで次々に人襲う

白昼の公園で突然!男がペンチで次々に人襲う

子どもと犬が寝室で叫んでいる!駆けつけると…

子どもと犬が寝室で叫んでいる!駆けつけると…

最新記事はこちら
最上部に戻る