中国で日本作品の映画化がブームに、「日中文化のミスマッチ」という問題も―中国メディア

Record China    2017年11月25日(土) 19時30分

拡大

22日、中国新聞網は、中国の映画界で日本の小説などの映画化が流行するなか、制作者たちがどうやって日中間の文化の壁を克服してきたかを紹介した。写真は東野圭吾「容疑者Xの献身」の映画化作品。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携