慰安婦資料、ユネスコ「世界記憶遺産」の登録判断見送り、「日本のロビー活動の結果」と韓国メディア

Record China    2017年10月28日(土) 14時20分

拡大

旧日本軍の従軍慰安婦資料をめぐり、ユネスコの国際諮問委員会は「世界記憶遺産」への登録可否の判断を見送った。韓国メディアは「日本のロビー活動の結果」などと反発している。写真は中国慰安婦歴史博物館。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携