Record China

ヘッドライン:

「朴槿恵主演のヒーロー物を」韓国情報機関が映画監督に打診していた

9月11日 21時20分
11日、韓国大統領直属の情報機関、国家情報院が2013年当時、韓国の著名映画監督に対し、朴槿恵大統領自らが主人公を演じるヒーロー物の製作を打診していたことが分かった。資料写真。
2017年9月11日、韓国大統領直属の情報機関、国家情報院(国情院)が2013年当時、韓国の著名映画監督に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領自らが主人公を演じるヒーロー物の製作を打診していたことが分かった。中国メディアの海外網が韓国・ハンギョレの報道として伝えた。

韓国のある映画監督がこのほど明らかにしたところによると、2013年末にソウル江南のある刺身店でこの監督と会った国情院の要員は、米大統領がテロリストたちと攻防を繰り広げるハリウッド映画の「エアフォース・ワン」を例に挙げ、「大統領が直接アクションもするヒーロー映画を作れば、30億ウォン(約2億8700万円)程度は支援できる」と打診してきたという。この要員は「このような愛国映画を製作すれば、国民の安保意識を鼓吹することができる」と話したが、監督は「そのような映画を作るつもりはない」と応じなかったという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

車椅子に病衣姿の朴前大統領、健康診断の結果は「異常なし」=韓国ネットから冷ややかな声「うそつきは一生直らない」「まだ反省していない?」

車椅子に病衣姿の朴前大統領、健康診断の結果は「異常なし」=韓国ネットから冷ややかな声「うそつきは一生直らない」「まだ反省していない?」

韓国国家情報院が3億円をかけ大規模な「コメント部隊」組織=韓国ネットには不満の声

韓国国家情報院が3億円をかけ大規模な「コメント部隊」組織=韓国ネットには不満の声

新政権発足で韓国国民の脳裏に浮かんだ7年前の「世界的に恥ずかしい」出来事=「やはり染み付いた習慣は恐ろしい」―韓国ネット

新政権発足で韓国国民の脳裏に浮かんだ7年前の「世界的に恥ずかしい」出来事=「やはり染み付いた習慣は恐ろしい」―韓国ネット

北朝鮮、「米韓情報機関が金正恩委員長の暗殺を企図」と非難―中国メディア

北朝鮮、「米韓情報機関が金正恩委員長の暗殺を企図」と非難―中国メディア

「ザ・インタビュー」、北朝鮮でも視聴「見た人は失望」―中国メディア

「ザ・インタビュー」、北朝鮮でも視聴「見た人は失望」―中国メディア

新着動画

配達中の荷物が落下、犬がくわえて追いかける

配達中の荷物が落下、犬がくわえて追いかける

下手すぎて見てられない!犬がナイスアシスト

下手すぎて見てられない!犬がナイスアシスト

駐車スペースの白線が黄色に塗り替えられる、理由を問いただすと…

駐車スペースの白線が黄色に塗り替えられる、理由を問いただすと…

洪水で水が迫っているのに優雅に歩く男性

洪水で水が迫っているのに優雅に歩く男性

車なしでバック駐車の練習!動作の再現がリアル

車なしでバック駐車の練習!動作の再現がリアル

最新記事はこちら
最上部に戻る