Record China

ヘッドライン:

映画「軍艦島」のソン・ジュンギ「100万人が歴史の真実を知った」

7月28日 13時30分
27日、韓国で「今年最高の期待作」として高い前評判を誇っていた映画「軍艦島」が公開2日目にして観客数100万人を突破、主演を務めた俳優ソン・ジュンギが韓国・ソウル経済新聞のインタビューに答え現在の気持ちを語った。写真はソン・ジュンギ。
2017年7月27日、韓国で「今年最高の期待作」として高い前評判を誇っていた映画「軍艦島」が公開2日目にして観客数100万人を突破、主演を務めた俳優ソン・ジュンギが韓国・ソウル経済新聞のインタビューに答え現在の気持ちを語った。

劇中、「光復軍特殊部隊OSS要員」のパク・ムヨンを演じるソン・ジュンギは、「ここまで期待されたことは(これまで)なかったと思う。公開2日目で100万人とは。うれしさの中にさらなる責任感が生まれた。死に物狂いで舞台あいさつに回りたい」と、反響の大きさに対し喜びを語った。

また、自身にとって「観客数は記録ではなく、『軍艦島』の真実を目にする人々の数字」と話し、「公開2日で100万人が軍艦島の真実を知ったものと考えている。つらい歴史についてより多くの人に知ってもらいたい」と訴えた。

さらに、今秋の結婚を発表した婚約者の女優ソン・ヘギョについても質問が及んだ。ソン・ジュンギは、映画の好調な滑り出しについてソン・ヘギョとの間でまだ話をしていないとしながらも、「こんな作品を選び参加したことについて俳優としてうらやましい、だから頑張って」と婚約者から声援を受けていたことを明かした。

このインタビューに、韓国のネットユーザーからは「映画、見てきたよ。本当に残忍で、現代に生まれて本当によかったと思った」「大ヒット間違いなし。真実の歴史を広めてください」「もう一度見たい」など応援コメントが続々と集まっている。

しかし一方で、「つらい歴史を監督や俳優らがみんな台無しにした!」「歴史の記録の実態を伝えないと。商売はやめてくれ」など非難の声もある。

中には、婚約発表や主演作公開が重なりこのところメディアに引っ張りだこのソン・ジュンギの様子に、「放っておいてもいい俳優なのに、メディアがあまりにも取り上げるから逆にたたかれる」「所属事務所は何してるの?ちょっとは黙らせたらどうだ?」「お金を稼ごうと頑張ってるね」との厳しい意見も寄せられた。(翻訳・編集/松村)
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

反日と物議の韓国映画「軍艦島」公開、大き過ぎた期待に反し評判は散々?=「これじゃ日本人は反省どころか鼻で笑うよ」の声も

反日と物議の韓国映画「軍艦島」公開、大き過ぎた期待に反し評判は散々?=「これじゃ日本人は反省どころか鼻で笑うよ」の声も

石炭を掘っていたのは日本人?韓国が米NYで上映した「軍艦島」映像にまさかのミス=「しっかり勉強して」「日本に弱みを握られた」―韓国ネット

石炭を掘っていたのは日本人?韓国が米NYで上映した「軍艦島」映像にまさかのミス=「しっかり勉強して」「日本に弱みを握られた」―韓国ネット

日本による韓国の“徴用被害者”が映画「軍艦島」を観賞、歴史正してと訴え=韓国ネット「僕ら韓国人の過ちも忘れてはならない」

日本による韓国の“徴用被害者”が映画「軍艦島」を観賞、歴史正してと訴え=韓国ネット「僕ら韓国人の過ちも忘れてはならない」

韓流俳優ソン・ジュンギ、日本企業のCM拒否したフィアンセに「心の中で拍手」―中国メディア

韓流俳優ソン・ジュンギ、日本企業のCM拒否したフィアンセに「心の中で拍手」―中国メディア

ソン・ヘギョ、“反日”と物議の映画「軍艦島」試写会で主役の婚約者アピールへ=韓国ネット祝福「当然、出席しなきゃ」「作品が大成功しますように」

ソン・ヘギョ、“反日”と物議の映画「軍艦島」試写会で主役の婚約者アピールへ=韓国ネット祝福「当然、出席しなきゃ」「作品が大成功しますように」

新着動画

盗み食いで現行犯逮捕、納得いかないネコ

盗み食いで現行犯逮捕、納得いかないネコ

すべては「映え」のため!凍結した路面も気にせず、柵を乗り越える

すべては「映え」のため!凍結した路面も気にせず、柵を乗り越える

水道管破裂でマンションにつらら「まるで竜宮」

水道管破裂でマンションにつらら「まるで竜宮」

電動バイクが信号無視、車にはねられ空中2回転

電動バイクが信号無視、車にはねられ空中2回転

散歩中に誤って湖に落ちた女性、服のおかげで助かる

散歩中に誤って湖に落ちた女性、服のおかげで助かる

最新記事はこちら
最上部に戻る