米中経済の逆転、現実的視野に=「IMF本部10年後に北京に」IMFトップ発言の衝撃―日中の識者が近未来シナリオを予測

八牧浩行    2017年7月27日(木) 5時10分

拡大

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が7月24日、「中国の経済成長が続けば10年後にはIMF本部を北京に移す可能性がある」との見方を披露したことで、経済規模の「米中逆転」が改めてクローズアップされている。資料写真。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携