韓国のアイデアを横取り!?幹細胞研究が日本で急成長=韓国ネット「後で『幹細胞は韓国のもの』と嘆いても遅い」「韓国が最強国だったのに…」

Record China    2017年7月21日(金) 6時50分

拡大

20日、韓国メディアによると、韓国の幹細胞研究が黄禹錫・崔順実問題により停滞している一方、日本は2012年に京都大の山中伸弥教授が人工多能性幹細胞でノーベル賞を受賞したことをきっかけに、幹細胞治療薬の最強国になりつつある。資料写真。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携