波紋広げる台湾行政院長の「独立した主権国家」発言、中国メディア「反国家分裂法に基づき起訴されるべきだ」とも

Record China    2018年4月7日(土) 19時20分

拡大

台湾の頼清徳行政院長(首相)が「台湾は独立した主権国家」と発言し、波紋を広げている。中国は中台関係の平和と安定を損なうなどと非難。一部メディアは「反国家分裂法に基づいて起訴されるべきだ」と主張している。写真は台湾総統府。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携