<東アジア新時代(5)>IT分野で高まる中国企業の存在感、韓国・台湾勢とマーケット争奪戦―日本企業、「爆投資」に圧倒される?

八牧浩行    2016年1月4日(月) 8時0分

拡大

(1 / 2 枚)

米フォーチュン「グローバル500企業」2015年版で、日本以外のアジア企業が136社を占めた。中国企業は98社と全体の5分の1を占めたほか、韓国、台湾企業多数が500社に入った。写真は「CEATEC2015」会場風景(千葉・幕張メッセ)。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携