「ナッツ事件」の大韓航空前副社長、拘置所で便宜図る見返りにブローカーへ事業権提供=韓国ネット「そこまでするとは…」「韓国はまだ後進国だった」

Record China    2015年7月29日(水) 11時51分

拡大

(1 / 2 枚)

28日、韓国メディアによると、大韓航空の趙顕娥前副社長が、昨年12月に起きた同社の「ナッツ事件」で拘束された当時、「便宜を図ってやる」とのブローカーの提案を受け入れ、対価を払っていたことが分かった。写真は大韓航空の趙前副社長。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携