Record China

ヘッドライン:

広場

<中華ボイス>政府の悪行を暴け!腐敗にむしばまれる言論の自由―経済学者

いまだ言論の自由にほど遠い中国はメディアやネットでの発言に目を光らせ、政府に不利な発言があるとすぐに削除する。また、国民の代弁者である人権活動家たちへの風当たりも強く、人権活動家たちは命を賭して権利を主張している。写真は盲目の人権活動家・陳光誠氏。

2012年8月4日(土) 9時49分
続きを読む

<中華ボイス>国のためではなく生活のため!中国スポーツ選手の真実―記者

金メダリストについて中国は、国のために努力したと報道することが多い。しかし選手の多くは豊かな生活のために金メダルを目指しており、中には「都市部で安定した生活を送るために柔道を続けている」と語る人もいる。写真はトレーニングをする子供。

2012年8月2日(木) 21時23分
続きを読む

<中華ボイス>白熱のロンドン五輪、北京大会ボランティアが羨むスタッフの待遇―中国ネットユーザー

30回目の夏季オリンピックであるロンドン五輪は、28日に開幕し選手たちは白熱した競技を繰り広げている。世界の一大イベントである五輪だが、そんな五輪を影から支えているのがボランティアスタッフたちだ。写真は北京五輪のボランティアスタッフ。

2012年7月31日(火) 15時58分
続きを読む

<中華ボイス>物を大切にしない中国人、取り壊しや盗掘で文化財を破壊―中国ネットユーザー

中国では昨今無知な開発による文化遺産の取り壊しや、利己心の赴くままに歴史的価値を考えず貴重な遺跡を盗掘する者が横行している。写真は取り壊しの危機にさらされていた、中国の近代文学を代表する作家・魯迅(ろじん)の旧居。

2012年7月30日(月) 8時50分
続きを読む

<レコチャ広場>政府に対して厳しい視線、寄付を拒絶=北京市の豪雨―中国

26日、米国在住の中国人研究者・何清漣氏は、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカのブログで記事「中国民間慈善事業の死=7月21日豪雨災害の後、中国人はなぜ寄付を拒否したのか」を掲載した。写真は豪雨の被害が多かった北京市の杜家坎環島。

2012年7月28日(土) 20時27分
続きを読む

<中華ボイス>まやかしの強国!金メダルの数よりも国民の生活改善を―中国ネットユーザー

中国はかつて「東亜病夫(東アジアの病人)」と呼ばれていたが、現在の中国は経済が発展し、有人宇宙船ドッキングに成功するなど、技術的な進歩も遂げた。しかし貧富の差は依然縮まらず、食品安全や老後の保障など不安は多い。写真は上海市黄浦区。

2012年7月28日(土) 9時53分
続きを読む

<中華ボイス>北京豪雨の犠牲者数「37人どころでない」「政府、近く発表」と情報通の民間人言明

今月21日北京市を襲った豪雨で市内の多くが冠水し、房山区では最大460mmの降雨量を記録し、実に500年に一度の豪雨となった。多くの犠牲者が予想される今回の水害だが、市政府は犠牲者が37人と伝えてから情報の更新を行っていない。写真は豪雨に見舞われた北京市。

2012年7月25日(水) 12時1分
続きを読む

<レコチャ広場>金に物言わせるだけの中国人、ロンドン五輪を嘲笑する資格などない!―英国

22日、中国の事情に詳しい英国のスポーツライター、アンドリュー・レイマー氏が「ロンドン五輪を馬鹿にしている?その理由を教えてください」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は五輪ムードあふれる6日のロンドン。

2012年7月24日(火) 19時1分
続きを読む

<レコチャ広場>金メダル獲得数ではトップ級の中国よ、「国民健康度は世界81位」の現実を顧みよ―中国

20日、中国北京市社会科学院体育文化研究センターの金汕主任が「米国や日本は高いレベルで金メダルを目指している」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は2010年広州アジア大会の日本選手団の国旗掲揚式。

2012年7月23日(月) 14時32分
続きを読む

<レコチャ広場>日本など周辺国で相次ぐ拿捕事件、原因は中国漁民の違法な国境越え―中国

19日、中国の漁船が日本やフィリピン、韓国など各国で拿捕される事件が相次ぐ中、中国の国境警察官が自身のブログで「実は中国漁民が決まりを守らないことが原因」と指摘した。写真は5月、北朝鮮に拿捕され、約2週間ぶりに帰国した中国漁民。

2012年7月20日(金) 23時27分
続きを読む

ランキング