Record China

ヘッドライン:

広場

「日本でも“中国を愛す”と言える」中国在住の日本人俳優、発言に大反響―中国版ツイッター

7日夜、中国を拠点に活動する日本人俳優が“中国版ツイッター”で「日本で日本人に対して『中国を愛している』と言える」とした内容の発言が、現地ファンの大反響を呼んでいる。写真は12年1月、北京で行われた日中台の合同成人式。

2012年5月15日(火) 11時39分
続きを読む

<中華ボイス>異文化を排除する自由なき中国、一方通行な西洋への警戒心―有名俳優

国やメディアの発展により、中国国民は海外を知る機会が増え、西洋文化や西洋の価値観に触れることも可能になった。それに伴い中国の西洋に対する警戒心は強まり、西洋文化や価値観の進出に目を光らせ、防御態勢を強化している。写真は中国映画「建党偉業」のポスター。

2012年5月14日(月) 19時49分
続きを読む

<中華ボイス>“歴史を知れば未来は明るい”だが、文革の歴史は公表されていない―中国ネットユーザー

第2次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺は、誰もが知る史実であり公にされているが、中国の文化大革命に関することはほとんど公にされていない。写真はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。

2012年5月11日(金) 20時4分
続きを読む

<中華ボイス>書き込み死すとも民意は死せず!官僚に抑止力を―中国ネットユーザー

現在中国では官僚に関する悪いニュースが続発し、社会問題になっている。先般更迭された薄熙来氏についてはまだ記憶に新しい。官僚に与えられた大きな権力に対する抑止力が少ないのも問題の1つだといえる。写真は江西省の鹿心社省長。

2012年5月10日(木) 22時11分
続きを読む

<コラム・海峡両岸ななめ読み>「民主化」議論を開いていくための新たな視点―ある在米中国人の訃報から

89年の天安門事件の精神的指導者で、事実上米国で亡命生活を送っていた方励之氏が滞在先のアリゾナ州で逝去した。写真は中国から台湾へと移ってきた外省人知識人・雷震らにより創刊された非公認雑誌「自由中国」の創刊号(1949年11月)。

2012年5月9日(水) 7時41分
続きを読む

<インタビュー>日本の大学も企業も独りよがり―青島泰之日本技術者教育認定機構専務理事・事務局長(下)

ユネスコでパリ本部や、東アジア代表として北京事務所長を勤めた青島泰之日本技術者教育認定機構専務理事・事務局長は「ガラパゴス化した日本の大学と大学生を世界に通用させるには教育認定という仕組みがある。企業もこのままでは海外勢に負けてしまう」と警告した。

2012年5月8日(火) 6時53分
続きを読む

<インタビュー>北京市長に胡同再開発で直談判、学校再開も―青島泰之前ユネスコ東アジア代表(上)

ユネスコ (国連教育科学文化機関)のパリ本部で長く勤務し、東アジア代表として北京事務所長を6年半間勤めた青島泰之氏はインタビューに応じ、豊富な国際的な体験、特に東アジア代表時代の中国政府要人らへの働きかけについて率直に語った。

2012年5月8日(火) 6時21分
続きを読む

<レコチャ広場>留学生に見てほしい岡本太郎「明日の神話」=修復作業完了―川崎市の美術館では特別展

渋谷駅の連絡通路で一般公開されている岡本太郎氏(故人)の巨大壁画「明日の神話」の修復作業が完了、道行く人の目を楽しませている。岡本氏といえば、川崎市に岡本太郎美術館がある。留学生にはぜひ同氏の元気な作品を見てほしい。写真は渋谷駅の巨大壁画。

2012年5月5日(土) 9時17分
続きを読む

<レコチャ広場>尖閣諸島に自由を!それは専制国家ではなく民主国家が所有すべきだ―中国

2日、東京都の石原慎太郎都知事が尖閣諸島の購入を宣言したことを受け、中国河南省の大学で教える王思想氏が「尖閣諸島に自由を」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は4月26日、中国山東省沖の黄海で行われた中ロ海軍の合同軍事演習。

2012年5月4日(金) 23時53分
続きを読む

<レコチャ広場>ツイッターは日本語に向いていますね!=「大震災でも威力」猪瀬東京都副知事が親和性強調

「考えるにツイッターは、日本語に向いていますね、日本語に」―作家で東京都副知事の猪瀬直樹氏は、こう述べてインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」と日本語との相性の良さを強調している。写真は東日本大震災被災地。

2012年5月3日(木) 17時11分
続きを読む

ランキング