Record China

ヘッドライン:

社会

潤揚長江公路大橋

鎮江市と揚州の間には長江が流れているため、対岸に渡る際は舟で渡らなくてはならなかった。 しかし、2000年10月、鎮江市と揚州を結ぶ潤揚長江公路大橋の建設が始まり、2005年4月30日ついに潤揚長江公路大橋は開通した。全長35.66キロメートルの橋で中国で最長規模、世界でも三番目に長い橋となった。総工費は58億元(日本円にして約800億円)。

2006年5月13日(土) 9時47分
続きを読む

冬令進補、来春打虎

2005年12月1日、蘇州市漢方薬店のレジ前には長い行列が出来、店内は朝から晩まで連日混みあっている。クリスマスで街が賑わう中、中国に見るもう一つの冬の風物詩といえるかもしれない。

2006年5月13日(土) 9時45分
続きを読む

西遊記〜約500年の歳月を経て頭蓋骨が国宝に

西遊記小説の著者、吴承恩(推定1500-1582年没)の頭蓋骨は1981年、淮安にある吴承恩の墓で発掘された。1982年、中国科学院古人類研究所の専門家により頭蓋骨は吴承恩の死亡年齢に近い70歳男性のものと判明した。2005年6月3日、発掘された頭蓋骨は国家文物に指定された。

2006年5月13日(土) 9時43分
続きを読む

蘇州市菊斎私塾

蘇州市にある菊斎私塾で明時代の衣装に身を包む張志義さん(35歳)が同じく明時代の衣装を着た子どもたちを前に孔子の授業を行っている。菊斎私塾はグローバル化し経済学が主流となる今日の中国において、子どもたちに失われつつある中国の伝統文化を伝えることをコンセプトに張志義さんが発足させた塾で毎週土曜日、儒学、書道、茶道などを教えている。現在、菊斎私塾には6歳から10歳までの6人の生徒が在籍しており、経営者の薛岩汲さん(33歳)は今後十数名が入学予定の為、日曜日にも開校する予定だと話す。菊斎私塾は2005年10月29日に開校。

2006年5月13日(土) 9時41分
続きを読む

塩城市計画生育中心センター

塩城市にある喫茶店の店主、蔡平さんと彼の恋人、曹冬梅さんが、造花にコンドームをつけている。これは政府機関である計画生育中心センターが企画したもので、一人っ子政策を守るため、安易に子どもをつくらないよう若者に向けて呼びかけるための宣伝として行われた。造花につけられたコンドームは無料で持ち帰ることが出来るという。

2006年5月12日(金) 13時30分
続きを読む

覓渡橋の夜

古城のすぐ側に覓渡橋はある。夏の夜は覓渡橋からライトアップされた古城を望むことができる。夏の覓渡橋は蘇州市の人々にとって、最高の夕涼み場所となっている。

2006年5月12日(金) 13時28分
続きを読む

楓橋夜泊

 江南の有名な橋、楓橋(ふうきょう)は江南でよく見られるレンガ造りアーチ型の橋である。 楓橋は唐の詩人張継の作品「楓橋夜泊」で有名で園内に響く鐘の音は訪れる人の俗塵を忘れさせてくれる。 寒山寺から楓橋までは徒歩五分。

2006年5月12日(金) 13時24分
続きを読む

秋の中山陵

秋になると中山陵、総面積30平方キロメートルの陵園は一面、紅葉に染められ、秋の風景を満喫することができる。

2006年5月12日(金) 13時22分
続きを読む

宿遷市泗陽県、カーイベント

2005年9月の17日、18日、宿遷市泗陽県の山中で一般自動車によるレースが行われた。レースといっても過激に順番を競うものでなく、自慢の愛車に乗った多くの参加者は、コースに設けられた起伏のある道路や山林でのドライブを楽しんだ。近年、車所有者が増えた中国で、車を使った遊びは一つの娯楽として注目されている。

2006年5月12日(金) 1時51分
続きを読む

周恩来記念堂

周恩来記念堂は淮安市北部に位置し、長さ300メートル、幅100メートルの人工的に造られた島にある。1992年1月6日に開館した。館内には周恩来が使った生活用品、周恩来に関する歴史資料などが展示されている。

2006年5月12日(金) 1時41分
続きを読む

ランキング