中国、新たなネット鎖国を発動か=全土でGmailへのアクセスを切断―米華字メディア

配信日時:2014年12月30日(火) 7時24分
中国、新たなネット鎖国を発動か=全土でGmailへのアクセスを切断―米華字メディア
画像ID  448929
28日、米華字ニュースサイト・多維新聞は記事「中国本土でGmailへのアクセスが不可に、新たなネット鎖国の始まりか」を掲載した。写真はGmailの中国インターフェース。
2014年12月28日、米華字ニュースサイト・多維新聞は記事「中国本土でGmailへのアクセスが不可に、新たなネット鎖国の始まりか」を掲載した。

その他の写真

中国は厳しいネット検閲を採用していることで有名だ。特に海外の大手サービスが狙い撃ちにされることが多く、ツイッターやフェースブックがアクセスできない状況が続いている。グーグルの無料メールサービス・Gmailはアクセスしづらい状況が続いていたが、27日から完全にアクセスできないようになった。従来はメールクライアントソフトを使えば送受信可能だったが、そうした手法も使えなくなったため多くのユーザーが混乱している。

規制が強化される約2週間前、15日正午ごろにGmailに対するアクセスが一時的に解禁されたことがあった。GFW(グレートファイヤーウォール)と呼ばれるネット検閲システムが改修される際、しばしば一時的な規制解除が観測されている。今回もシステム改修に伴い規制が強化されたものと推察されている。

また、今回のGmail規制は予告されていたとも指摘されている。中国官制メディアの環球時報は16日、「グーグルの一時解禁がもたらした思考」と題した記事を掲載。海外の大手IT企業に譲歩させ、中国の国情に合致した、すなわち検閲を受けいれたサービスを開発しないかぎり中国市場への進出はできないと論じていた。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事