日本の夜空に浮かぶ巨大なおじさんの顔!=中国ネット「日本人の頭のなかはどうなってるんだ」「あの漫画そのものだ!」

Record China    2014年12月26日(金) 11時32分

拡大

25日、栃木県の宇都宮美術館が行ったイベントに、中国のネットユーザーが大きな関心を示している。

(1 / 2 枚)

2014年12月25日、栃木県の宇都宮美術館が14日、館外プロジェクトとして行ったイベントに、中国のネットユーザーが大きな関心を示している。

その他の写真

「おじさんの顔が空に浮かぶ日」と題した今回のプロジェクトでは、直径約15メートルの巨大バルーンを2年の歳月をかけて制作。「おじさん」の顔は200人を超える宇都宮市民の顔写真から選ばれており、実在する人物のものだ。巨大バルーンは上空数十メートルの位置で固定され、夜になると顔全体がぼんやりと黄色く光る。中国の各メディアが写真入りでこの「おじさんの顔」を紹介すると、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には関連投稿が相次いだ。以下は主なコメント。

「日本人の頭のなかは一体どうなってるんだ?」

「これって伊藤潤二のホラー漫画そのものだよね」

「伊藤潤二の『首吊り気球』だ!」

「どう見たって怖いわ」

「夜見たら絶対に腰抜かす」

「日本人ってどうしてこんなこと思いつくんだろう?」

「やっぱり日本人は変態だ」

「島国の人間は相当変わってる!」

「これって芸術なの?」(翻訳・編集/本郷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携