Record China

ヘッドライン:

南キ列島への軍施設建設、「日本メディアは尖閣から300キロの近さと強調するが、浙江省からわずか56キロ」―中国紙

配信日時:2014年12月25日(木) 1時21分
拡大
24日、中国浙江省温州市沖の南キ列島で中国軍が軍事基地の建設に着手した問題で、中国軍関係者は「日本メディアは尖閣諸島から300キロであることを強調する一方、浙江省からわずか30カイリ(約56キロ)であることを伏せている」と主張した。写真は南キ列島。
(1/4枚)

2014年12月24日、環球時報(電子版)によると、中国浙江省温州市沖の南キ列島でこのほど、中国軍が軍事基地の建設に着手した問題で、中国軍関係者は「日本メディアは尖閣諸島(中国名・釣魚島)から300キロであることを強調する一方、浙江省からわずか30カイリ(約56キロ)であることを伏せている」と主張した。

その他の写真

浙江省東部沿岸地域の軍関係者は22日、「南キ列島にはレーダー拠点を整備することは可能だが、固定翼の飛行機が離発着できる滑走路の建設は不可能だ」と指摘。理由として島が非常に陸地に近いこと、列島がほぼ山で離発着できるのはヘリコプターに限られることなどを挙げた。また、07年に島に上陸した際、「気象観測所があるのみで軍は駐留していなかった」と説明した。

また、中国海軍の軍事学術研究所の専門家は「日本が中国を侵略した当時、南キ列島は2度にわたって日本に占領された。今回の件で日本が敏感になっているのはそのせいもあるだろう」とみている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

石原慎太郎氏、「今やりたいことは中国と戦争して勝つこと」発言認める―尖閣海域侵入公船「私なら追っ払っていた」

16日、石原慎太郎元東京都知事(次世代の党最高顧問)は記者会見し、都知事時代の12年に尖閣諸島購入方針を表明、これを受けた政府の国有化によって日中関係が緊迫化したことについて、「(私が首相だったら中国の公船を強制的に)追っ払っていた」と強調した。

Record China
2014年12月16日 17時32分
続きを読む

中国の尖閣諸島巡航について、とやかく言う権利は日本にない―中国外交部

26日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で「中国海警局船隊による尖閣諸島周辺の領海の巡航は法にのっとって主権を行使する公務行為であり、日本側にはとやかく言う権利はない。中国の主権を損なう一切の言動を止めるよう日本側に要求する」と表明した。

Record China
2014年11月27日 16時19分
続きを読む

ランキング