Record China

ヘッドライン:

金正恩氏暗殺映画「ザ・インタビュー」、25日公開へ=韓国ネット「日本の天皇暗殺映画を制作しろ」「テロが心配なら中国で上映を」

配信日時:2014年12月24日(水) 17時40分
拡大
23日、米メディアによると、米映画製作大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、金正恩第1書記の暗殺をテーマにしたコメディー映画を25日に公開すると発表した。この報道を受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。
(1/2枚)

2014年12月23日、米メディアによると、米映画製作大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺をテーマにしたコメディー映画「ザ・インタビュー(原題)」を、当初の予定通り25日に公開すると発表した。

その他の写真

同社は、自社に対するサイバー攻撃があったことや上映予定の映画館に対するテロ予告があったことから、17日に公開中止を発表。しかし、この決定には各方面から批判が相次いでいた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「今年最後にして最大のヒット映画になりそうだ。金正恩が雑巾になる日まで世界的な注目を集め続けてほしい。韓国でも上映してくれ」

「ソニー・ピクチャーズによるノイズマーケティング効果はすごい」

「YouTubeで拡散してればもっと破壊的な注目を集めていただろうに、もったいない」

「金正恩のコメディー映画ひとつを掲げて世界で注目を集め、中国と米国の捜査協力を促すことで関係改善させて、宣伝して金も稼いで。ソニー・ピクチャーズは偉大だ」

「米国にいる奴隷化した韓国人たちよ、米国の主敵TOP3に北朝鮮がいる事実を忘れてはいけない」

「ソニー・ピクチャーズは、日本の天皇暗殺やオバマ暗殺映画を制作すればいい。サイバー攻撃よりも、相手国の元首暗殺映画の方が、もっと罪深い」

「北朝鮮によるテロ攻撃を懸念するなら、中国で上映すればいい。まさか金正恩が中国でテロを遂行するなんてことはないだろう」(翻訳・編集/久保)

関連記事

オバマ米大統領「ザ・インタビューの上映中止は間違い」―アメリカメディア

18日、米メディアの報道によると、米映画製作大手ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を描いたコメディー映画「ザ・インタビュー(原題)」の全米公開を中止した。写真はニューヨーク市内の同作品の広告。

Record China
2014年12月22日 4時9分
続きを読む

公開中止を撤回、金正恩氏暗殺コメディー映画が一部劇場で公開へ=「映画会社の自作自演では?」「市民の義務として見に行く」―米国ネット

23日、米映画製作大手ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺をテーマにしたコメディー映画「ザ・インタビュー(原題)」を、当初予定通り25日に公開すると発表した。米メディアが報じた。写真はニューヨーク市内の同作品の広告。

Record China
2014年12月24日 8時37分
続きを読む

北朝鮮による米サイバー攻撃、日本の関心の薄さの原因は?「日本が静かにしているのは…」「日本は経済のことで手いっぱい」―米国ネット

22日、米映画製作大手ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがサイバー攻撃を受けて公開予定だった作品が上映中止に追い込まれた問題について、日本での関心の低さが米メディアで報じられ、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年12月24日 6時59分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング