“韓国が茶道を世界遺産へ”の報道に大きな反響=「韓国は強盗だ!」「日本人ならそんな無恥なことはしない!」―中国ネット

Record China    2014年12月22日(月) 9時43分

拡大

22日、韓国が茶道の無形文化遺産申請を準備していると伝えられていることに、中国のネットから数多くのコメントが寄せられている。写真は中国。

(1 / 2 枚)

2014年12月22日、韓国が茶道の無形文化遺産申請を準備していると伝えられていることに、中国のネットから数多くのコメントが寄せられている。

その他の写真

19日、中国工会網によると、韓国の茶道関連団体関係者が同国の茶道を世界遺産に申請する意向を示すコメントをキャプチャした画像が、中国のネットに掲載された。無形文化をめぐっては、2005年に中国の端午節を起源とした韓国の江陵端午祭が無形文化遺産に登録されたことで、中国では「韓国は中国文化を略奪」と見る人が少なくない。そのため、韓国が茶道を無形文化遺産に登録しようとしているとの中国各メディアの報道は、中国ネットで大きな注目を集めた。以下は中国ネットに寄せられたコメントの一部。

「たとえ茶道を無形文化遺産に申請するにしても、韓国ではなく日本だろ」

「日本は茶道が発達しており、中国を手本に自分たちの文化を作り上げている。日本人なら韓国人みたいに無恥なことはしない」

「中国が自国の文化を重視しないから他人に奪われるのだ。奪われて初めてその大切さを実感しても遅い」

「韓国が中国のものだと申請すればいい」

「韓国はどれだけ中国の文化に崇拝しているのだ?」

「韓国人は頭おかしいのか?中国の良い文化は全て自分のものにしたがる」

「精神的な侵略の方が恐ろしい。そのため、韓国政府は日本政府よりあくどい」

「明らかに中国の文化であるものが、なぜ突然韓国のものになる!中国の文化を羨むのはいいとしても、奪うようなことしたら完全に強盗ではないか!」(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携