Record China

ヘッドライン:

日本、内閣府世論調査で中国に「親しみを感じない」が過去最悪=2008年からほぼ毎年記録更新―米華字メディア

配信日時:2014年12月22日(月) 10時32分
拡大
20日、内閣府が発表した「外交に関する世論調査」によると、中国、韓国に「親しみを感じない」と答えた人の割合が調査開始以来の最高を更新した。写真は東京都庁前。
(1/2枚)

2014年12月20日、日本の内閣府が発表した「外交に関する世論調査」によると、中国、韓国に「親しみを感じない」と答えた人の割合が調査開始以来の最高を更新した。米華字メディア・多維ニュースが伝えた。

その他の写真

中国に「親しみを感じない」と答えた人は83.1%(前年比2.4%増)で、「親しみを感じる」、「どちらかというと親しみを感じる」が合わせて14.8%となった。韓国に対しては、「親しみを感じない」、「どちらかというと親しみを感じない」が合わせて66.4%で、昨年から8.4%増加し、悪化の程度は中国よりも高かったが、「親しみを感じる」が31.5%だった。

この調査は1975年から毎年実施され、12月頃に発表される。今年の調査は10月16日から26日までの期間で、全国の成人男女3000人を対象に行われ、約6割が回答した。

日本外務省は調査結果について、「調査機関の国民感情を反映したもの」と述べ、親中的な立場の大手紙は「調査後の11月に、安部首相と習国家主席による2年半ぶりの首脳会談が行われた」ことを強調した。だが、習首席が安部首相と握手をしたときの態度は、日本国民の中国に対する好感度を高めるものではなかったと伝えられている。首脳会談の後に調査が行われていれば、結果はもっと悪いものになっていただろう。

中国に対して「親しみを感じない」とする回答は2008年から顕著に増加している。冷凍餃子の毒物混入事件での対応や反日デモ、中国国内での食品問題、海洋での主権問題などにより、中国に「親しみを感じない」人の数は増加の一途をたどり、ほぼ毎年過去最高を記録している。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

中国の尖閣諸島巡航について、とやかく言う権利は日本にない―中国外交部

26日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で「中国海警局船隊による尖閣諸島周辺の領海の巡航は法にのっとって主権を行使する公務行為であり、日本側にはとやかく言う権利はない。中国の主権を損なう一切の言動を止めるよう日本側に要求する」と表明した。

Record China
2014年11月27日 16時19分
続きを読む

荒井代表「対馬の仏像返還を求める日本政府は無責任!」=韓国ネット「日本は韓国のすべてを奪った」

18日、韓国メディアによると、日本政府が、対馬の寺から盗まれた仏像の返還を求めていることについて、朝鮮文化財返還問題連絡会議の荒井代表が批判した。これについて、韓国のネットユーザーはコメントを寄せている。写真は仁川国際空港に展示された韓国の文化財。

Record China
2014年12月19日 23時17分
続きを読む

<ボイス>“好きな日本”と“嫌いな日本”、中国学生「日本を知れば知るほど…」と複雑な対日感情語る

4日、反日感情を持つ中国人が数多くいる一方で、日本に対し親しみを持つ人も少なくない。これに関連して、日本のアニメファンである中国の学生は、反日感情と親日感情の間で揺れ動く複雑な心情を語った。資料写真。

Record China
2014年11月4日 12時53分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング