Record China

ヘッドライン:

慰安婦記事を書いた朝日元記者、北星学園大が雇用継続「日本国内は、安倍首相のもとで勢いづく極右グループと穏健派が勢力争い」―米紙

配信日時:2014年12月19日(金) 10時21分
拡大
18日、北星学園大学が、慰安婦問題を報じた朝日新聞元記者の非常勤講師の雇用契約を来年度も継続することを明らかにした。写真はニューヨーク・タイムズ。
(1/2枚)

2014年12月18日、北星学園大学が、慰安婦問題を報じた朝日新聞元記者の非常勤講師の雇用契約を来年度も継続することを明らかにした。米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

その他の写真

ニューヨーク・タイムズは17日、北星学園大学が朝日新聞の元記者の植村隆氏の非常勤講師の雇用契約を来年度も継続することを決めたと報じた。記事によると、同大学には、植村氏の解雇を求める極右グループから、爆弾予告や学生を傷つけるといった脅迫が続いていたという。慰安婦問題をめぐって、日本国内では、保守派である安倍晋三首相の影響下で勢いづく極右主義の勢力と穏健派との間でイデオロギー上の勢力争いが起きているようだと述べている。

植村氏への脅迫のきっかけは、朝日新聞が今年8月、慰安婦関連記事の中に虚偽の証言に基づいていたものがあったとして、一部の記事を取り消したことだという。植村氏の記事は、取り消された記事ではなかったにもかかわらず、植村氏は“韓国人のうそ”を広めた反逆者というレッテルを貼られ、家族も脅迫を受けている。同大学へも脅迫が続く中、大学側は植村氏の雇用を継続しない方針を示していた。だが、大学側は脅迫に屈することは、極右グループからさらに今後の雇用決定や授業内容などについて要求させることになりかねないと判断し、今回の雇用継続を決めたという。(翻訳・編集/Yasuda)

関連記事

北星学園大、慰安婦問題を広めた元朝日記者の雇用継続=韓国ネット「韓国の真の敵!」「一筋の光が見えた」

18日、韓国メディアによると、日本の北星学園大学が、慰安婦問題の記事を報じた朝日新聞元記者の植村隆氏を講師として引き続き雇用すると明らかにした。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の慰安婦歴史館。

Record China
2014年12月18日 23時25分
続きを読む

韓国、大学生の募金で慰安婦像を設置=韓国ネット「少女像を全世界に!」「わざわざ日本の嫌がることを…」

17日、韓国メディアによると、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が、初めて大学生の募金で建てられる。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2014年12月18日 12時34分
続きを読む

ランキング