Record China

ヘッドライン:

衆院選、自民大勝で韓国に日韓関係悪化懸念広がる=安倍首相が自らの歴史観と外交を美化か―中国メディア

配信日時:2014年12月18日(木) 7時25分
拡大
17日、中国新聞(電子版)によると、衆院選での自民党の圧勝を受け、韓国の世論に「日韓関係が悪化するのではないか」と懸念する声が広がっている。写真は衆院選を報じる日本のメディア。
(1/2枚)

2014年12月17日、中国新聞(電子版)によると、衆院選での自民党の圧勝を受け、韓国の世論に「日韓関係が悪化するのではないか」と懸念する声が広がっている。安倍晋三首相が長期政権を敷くことになれば、日韓関係は再び厳しい緊張関係に陥るとの見方が強まっている。

その他の写真

韓国・朝鮮日報はこのほど「安倍の車が再びガソリン満タンになった」と題する記事を掲載。安倍首相が侵略の歴史を否定し、愛国心の強化を狙う姿勢を強め、再び日韓関係は低迷状態になると予測した。

韓国・聯合ニュースは「安倍の圧倒的勝利が周辺国に与える不安」と題する記事を配信。安倍政権の大勝が周辺国に懸念と不安を与えていると指摘。安倍首相が自らの歴史観と外交政策を継続・美化し、日本国民の信任を得ようとするのであれば、日韓・日中関係の改善は望めないと予測。戦後70年にあたる来年が日韓関係の転換点になるとした。(翻訳・編集/AA)

関連記事

石原慎太郎氏、「今やりたいことは中国と戦争して勝つこと」発言認める―尖閣海域侵入公船「私なら追っ払っていた」

16日、石原慎太郎元東京都知事(次世代の党最高顧問)は記者会見し、都知事時代の12年に尖閣諸島購入方針を表明、これを受けた政府の国有化によって日中関係が緊迫化したことについて、「(私が首相だったら中国の公船を強制的に)追っ払っていた」と強調した。

Record China
2014年12月16日 17時32分
続きを読む

ランキング