Record China

ヘッドライン:

欲しいのは給料と正規契約、中国建築現場の残酷物語―中国紙

配信日時:2014年12月15日(月) 8時47分
拡大
13日、環球時報は記事「中国建築現場の出稼ぎ農民、欲しいものは給料と正規契約」を掲載した。最近、給与未払いが多発している。不動産市場が冷え込む中、労働関係で最底辺にある出稼ぎ農民までお金が回らないためだという。写真は広東省東莞市の工事現場。
(1/2枚)

2014年12月13日、環球時報は記事「中国建築現場の出稼ぎ農民、欲しいものは給料と正規契約」を掲載した。

その他の写真

中国の民間機関が建設現場で働く出稼ぎ農民4329人を対象に調査を実施した。正規の労働契約を交わしているのはわずかに5%。ほとんどは文書を交わさず口約束だけで働いていた。それだけに給与未払いなどの労働問題が頻発している。

特に最近、給与未払いなどの問題が多発している。不動産市場が冷え込む中、労働関係で最底辺にある出稼ぎ農民までお金が回らないためだという。今年3月には給与支払いを求めて抗議に出向いた労働者が、雇用主側が雇ったマフィアに襲撃され命を落とす事件も起きている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

21世紀になって最悪水準に達した中国の格差、経済成長の障害に―中国メディア

12日、中国新聞社は記事「研究者:中国の収入格差は21世紀になってから最大に」を掲載した。ジニ係数は国際的な警戒ラインを突破。このまま放置すれば経済成長の足を引っ張りかねないと危惧されている。写真は阜陽市の駅広場。出稼ぎ労働者で混雑している。

Record China
2014年10月14日 13時49分
続きを読む

ランキング