フェイルンハイがデビュー10周年に再集結?アーロンは「チャンスあれば」―台湾

Record China    2014年12月11日(木) 15時52分

拡大

9日、フェイルンハイのアーロンがユニット結成10周年を前に、「チャンスがあれば」と再集結について語った。

(1 / 2 枚)

2014年12月9日、フェイルンハイ(飛輪海)のアーロン(炎亞綸)がユニット結成10周年を前に、「チャンスがあれば」と再集結について語った。大紀元が伝えた。

その他の写真

05年にデビューした4人組のフェイルンハイは、来年でデビュー10周年を迎える。11年にウーズン(呉尊)が脱退し、12年からはすでに解散状態に。メンバーはそれぞれソロとして活躍している。

9日、台北でコンタクトレンズの発表イベントに出席したアーロンが、フェイルンハイの再集結について語った。このほどウーズンがデビュー10周年について、「ユニット仲間たちを誘って再集結したい」と話しているが、これについてアーロンは「今のところ、まだ考えていない。それぞれいい環境で仕事ができていると思うし」とコメント。しかし、「もし縁があれば。チャンスが来たら、成り行きに任せたい」と語り、再集結の可能性もあることを示した。

歌手・俳優として活動しているアーロンだが、フランスはじめ韓国、香港との合作映画3本のオファーを受けたことを明らかに。特にフランスでの撮影に期待感を抱いているという。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携