Record China

ヘッドライン:

中国国防部「空母基地建設に住民3675人が“進んで”立ち退き」=中国ネットは皮肉コメント一色

配信日時:2014年12月5日(金) 22時53分
拡大
4日、中国国防部はこのほど公表した文書で、中国初の空母「遼寧」の母港建設に、付近6村の3675人が進んで立ち退きに応じたと明らかにした。この話題について、中国のネット上には皮肉コメントが殺到している。写真は「遼寧」。
(1/2枚)

2014年12月4日、京華時報によると、中国国防部はこのほど公表した文書で、中国初の空母「遼寧」の母港建設に、付近6村の3675人が進んで立ち退きに応じたことを明らかにした。

その他の写真

文書では、基地建設を担当した李文(リー・ウェン)氏が、「この国防プロジェクトのために、6つの村の3675人が集団で立ち退き、4000基余の墓も一緒に移した。500隻余りの漁船も解体し港を変えた」とし、「住民らは自ら進んで期日通りに立ち退いた」と、感動を交えて当時を振り返っている。

このニュースに対する反響は大きく、3万件近いコメントが書き込まれている。以下は賛同が多かったコメントの一部。

「自ら進んで立ち退き?極悪非道な米帝よ見たか。中国人の愛国心を」

「立ち退かないわけにいかないだろうが」

「この状況で『望まない』なんて存在しない。お前らも知ってるだろ」

「銃を突きつけられて、拒否できると思う?」

「こんな話、われわれ中国人はよくよく存じ上げております」

「客死して祖国に魂が帰らなくても『自ら望んだことです』って言うんだろ」

「『自ら進んで』にはどこまで含まれるの?移転費用も節約できたなら、大したもんだ」(翻訳・編集/NY)

関連記事

韓国紙の「中国の空母は尖閣奪還のため」報道に、「日本負かすのに空母出す必要ない」の反応も―中国ネット

28日、韓国紙・毎日経済が掲載した「中国はすでに初の空母を就役させたが、その最大の目標は日清戦争で奪われた尖閣諸島の奪還だ」とする記事に中国ネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。写真は中国の空母「遼寧」。

Record China
2014年7月28日 14時14分
続きを読む

ランキング