Record China

ヘッドライン:

日本ドラマが中国で一世を風靡していたあの頃―中国紙

配信日時:2014年12月7日(日) 1時5分
拡大
3日、中国の「韓流」ファンは、20年前には日本ドラマに登場した俳優や女優が中国で一世を風靡していたとは想像もつかないだろう。資料写真。
(1/2枚)

2014年12月3日、中国の「韓流」ファンは、20年前には日本ドラマに登場した俳優や女優が中国で一世を風靡していたとは想像もつかないだろう。華西都市報が伝えた。

その他の写真

日本ドラマと言うと、「おしん」、「赤い疑惑」、「東京ラブストーリー」、「東京エレベーターガール」、「澪つくし」、「渡る世間は鬼ばかり」、「盲導犬クイールの一生」などを、すぐに思い出す人も少なくないだろう。

20年前、テレビは唯一の娯楽で、中国のテレビ局が放送する海外ドラマは、米国の「特攻ギャリソン・ゴリラ」以外は、日本ドラマだった。

一方、日本ドラマファンは現在、韓国ドラマファンに変わり、やはり夜になると、iPadを使ってドラマ鑑賞をするようになっている。

▼影をひそめる日本ドラマ

日本の国民的俳優・高倉健さんが最近亡くなり、日本の映画やドラマが再び話題となっている。なかでも、高倉さん主演の日中合作映画「単騎、千里を走る(中国語題:千里走単騎)」を見て、感動を覚えている人は多い。しかし、最新の日本ドラマというと、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」ぐらいしか思い浮かばない人がほとんどだ。

日本ドラマの中で展開されていた悲しみや喜びのストーリーが、素晴らしい外の世界として青春の空白を埋めてくれた。

しかし、インターネット時代に突入し、世界中、しいては宇宙まで見ることができるようになった。成長し、忙しい生活を送るようになっている現在、ドラマを見て涙を流すことがなくなってしまった人も多いのではないだろうか。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

関連記事

韓流ドラマが中国でヒットしたのはなぜ?=「日本ドラマは韓流ドラマより…」「韓流を好むのは女子」―中国ネット

18日、華商晨報は、「中国が日本に代わって韓流のお得意様になっている」と伝えた。こうしたことを受け、中国のインターネット上に「韓流ドラマが中国で流行った要因は?」と題するスレッドが立った。写真は韓流スター。

Record China
2014年11月27日 1時38分
続きを読む

ランキング