Record China

ヘッドライン:

「艦隊これくしょん」はパクリ?中国の会社が主張=中国ネット「どっちがだよ!」「マネしないでくれスミダ」

配信日時:2014年12月3日(水) 2時5分
拡大
2日、中国メディアによると、日本の角川ゲームスとDMMが2013年4月よりリリースしている日本の戦艦を擬人化したオンラインゲーム「艦隊これくしょん」のパクリとみられるゲームが中国で登場した。写真は「艦娘国服」の画面。
(1/2枚)

2014年12月2日、中国メディア・GMC総合新聞によると、日本の角川ゲームスが開発してDMMが2013年4月より展開している日本の戦艦を擬人化したオンラインゲーム「艦隊これくしょん」のパクリとみられるゲームが中国で登場した。

その他の写真

問題のゲームは、北京龍珠数[口馬]科技が中国でリリースした「艦娘国服」。同ゲームは、デザインから遊び方まで「艦隊これくしょん」に酷似している。

しかし、北京龍珠数[口馬]科技側は「最近、角川ゲームスとDMMが『艦隊これくしょん』というネットゲームを展開しているようです。同ゲームは弊社の『艦娘国服』の内容を著しく剽窃するもので、弊社はこのような事件に厳重な不満を抱いており、このような行為に対して抗議します。あわせて、角川ゲームスとDMMの回答を希望します」などとしている。

これに対して、中国のネットは北京龍珠数[口馬]科技を批判する声一色となっている。

「恥知らず」

「どっちがパクリだよ!」

「北京龍珠科技…。何も言えねえ」

「まずは笑っておこう」

「社名もすでにパクリっぽい」

「面の皮が壁と同じくらい厚くなったな」

「というか、中国にパクリじゃないものなんてあるのか?」

「日本人はこんなバカな会社相手にしないよ。中国の会社は本当に節操がない」

「おれのマネをしないでくれスミダ」

「この会社だってわかってる。単なる炎上商法だよ」(翻訳・編集/TK)

関連記事

ポケモン中国語版を求め嘆願書=日本人「パクるからダメ」、中国人「パクリは事実、何も言えない」―中国ネット

28日、「ポケットモンスター」の中国語版を発売して欲しいとの嘆願書が提出されたが、この報道に対する日本ユーザーの反応を見た中国ユーザーのコメントが興味深い。写真は2009年にパクリが指摘された中国アニメ「恐竜宝貝」の検証画像。

Record China
2014年10月29日 12時18分
続きを読む

ランキング