訪日中国人、道を尋ねた青年は「期待通り」だったが意外なオチが=「その瞬間、私は崩れ落ちた」―中国ネット

Record China    2014年11月28日(金) 7時10分

拡大

23日、中国のインターネット上に、日本旅行に訪れた中国人観光客がつづった文章が掲載された。写真は大阪。

(1 / 2 枚)

2014年11月23日、中国のインターネット上に、日本旅行に訪れた中国人観光客がつづった文章が掲載された。以下はその概要。

その他の写真

学生時代に日本のドラマにはまったことがきっかけで勉強していたことから、日本語はある程度できるつもりでいた。しかし、日本に着いてから、「こんにちは」と「ありがとう」くらいしか話せない自分がいることに気が付いた。

初めて地下鉄に乗ったときは、たくさんある路線の中から目的の電車がどれかを尋ねるのに、3人がかりで10分もかかってしまった。日本の英語学習普及率の高さだけを見て安心してはいけない。基本的にボディランゲージだ。私の卓越した表現力と、ゲームで培われた相手の意図を察知する能力で、なんとか無事に地下鉄に乗ることができた。

このままではまずいと危機感を覚えた私は、ホテルに戻ってから急きょ「これはいくらですか?」と「ここからここまで、どうやって行きますか?」という日本語を復習した。しかし、その日から帰国するまで1度も使わなかった。なぜなら、たとえ質問できたとしても、相手の返事が聞き取れないからだ。

一番おもしろかったのは、ある若者に道を尋ねたときのこと。日本人がどんなに英語ができないといっても、老人よりは若者の方がマシだろうと思い、歩いていた青年に声をかけた。「心斎橋にはこの道から行けますか?」と尋ねると、青年は期待通りのとてもきれいな英語で答えてくれた。しかし、私はその言葉を聞いた瞬間、崩れ落ちてしまった。なぜなら彼の返答が、「Maybe(たぶん)」のひと言だったからだ。(翻訳・編集/TK)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携