日韓自動車対決!トヨタが水素自動車を発売=韓国ネット「やっぱり日本車が一番」「世界に笑われる…」

Record China    2014年11月25日(火) 12時41分

拡大

24日、韓国メディアによると、トヨタ自動車が来月15日に水素自動車「ミライ」を発売すると発表した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウル。

(1 / 2 枚)

2014年11月24日、韓国・聯合ニュースによると、トヨタ自動車が来月15日に燃料電池車(FCV)の「ミライ」を発売すると発表した。

その他の写真

「ミライ」は高性能・低価格が特徴であり、韓国・現代自動車が昨年2月に発売した世界初の量産型水素自動車「ツーソン」より7000万ウォン(約742万円)ほど安い。また、ホンダも5人乗りの燃料電池車(FCV)を来年発売する予定であり、日本メーカーの価格競争が現代自動車を脅かしていると伝えた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国車はエアバックもまともに開かない。水素自動車を作っている場合か?」

「現代自動車の車は信用できない。やっぱり日本車が一番」

「どの分野においても、日本に負けることは許されない」

「大事なのは『世界初』ではなく普及させること。お金をかければ、一般人にだって作れる」

「現代自動車を脅かしている?とっくに負けていると思うけど…」

「日本車と韓国車がライバルだと思っているの?世界に笑われる」

「現代の水素自動車なんて怖くて乗れない。爆発しても、運転手に責任を押しつけそうだ」(翻訳・編集/篠田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携