韓国国産エンジン搭載K2戦車、17年までに実戦配備=韓国ネット「また不良品が…」「海兵隊を犠牲に?」

Record China    2014年11月20日(木) 11時53分

拡大

19日、韓国メディアによると、韓国防衛事業庁が、韓国国産パワーパック(エンジン+トランスミッション)を搭載したK2戦車を2016〜2017年に実戦配備すると発表した。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年11月19日、韓国・聯合ニュースによると、韓国防衛事業庁が、韓国国産パワーパック(エンジン+トランスミッション)を搭載したK2戦車を2016〜2017年に実戦配備すると発表した。

その他の写真

防衛事業庁の報道官は、同日行われた記者会見で、「老朽化した旧型M系列戦車に替えて、前線部隊に配備する。北朝鮮に比べて数は劣るが、質で上回る」などと述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「どうせ欠陥だらけだろうな」

「大したことないのに、莫大な維持費だけがかかりそう」

「また不良品が出るだろう。前もって発表せずに、品質を確かめてから発表してほしい」

「どれだけの時間を費やしたか…『欠陥が見つかった』なんてニュースがでたら、許さない!」

「海兵隊を犠牲にするつもりか?」

「防御システムは世界1位。よく頑張った」

「こんなレベルの低い戦車、どこの国にも買ってもらえないだろう」(翻訳・編集/篠田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携