Record China

ヘッドライン:

韓国企業、国外での談合による課徴金が5年で1700億円=「自国産業保護のためだ!」―韓国メディア

配信日時:2014年11月21日(金) 0時49分
拡大
18日、2010年から2014年までの5年間で、世界各国の当局が韓国企業の談合に対して科した課徴金が日本円で約1700億円に達することが分かった。業界内では、各国が自国産業を保護するため、外国企業に対する制裁を強めているとの見方がされている。資料写真。
(1/2枚)

2014年11月18日、韓国公正取引委員会によると、2010年から2014年までの5年間で、世界各国の当局が韓国企業の談合に対して科した課徴金が1兆6605億ウォン(約1700億円)に達することが分かった。業界内では、各国が自国産業を保護するため、外国企業に対する制裁を強めているとの見方がされている。韓国・聯合ニュースが伝えた。

その他の写真

2011年3月、米国では、カラーモニター用ブラウン管の価格を巡って談合をしたサムスンSDIが370億ウォンの課徴金を科された。

10年5月には、半導体DRAMの価格を談合したサムスン電子とハイニックスが、欧州委員会からそれぞれ2060億ウォン、730億ウォンを科された。同年12月にはLGのモニターに不正があったとして3320億ウォンが科されている。

ほかにも、10年には大韓航空がカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも課徴金を科されている。

韓国公正取引委員会の関係者は、消費者保護のために、談合に対する取り締まりが世界的に強まっていると指摘している。だが、業界では各国政府が自国産業保護のために取り締まりを強化しているとの声が上がっている。

ある半導体メーカーの関係者は米国を例に挙げ「米国は自国の製造業の競争力が落ちたため、韓国や日本、台湾などの企業の市場シェアを落とそうとしている」と語った。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

韓国ゲーム開発者協会会長、「中国に“宗主国”の地位を奪われる」と危機感=「やっぱり歴史か」―中国ネット

17日、韓国紙・中央日報は、韓国ゲーム開発者協会のユン・ジュンヒ会長が「中国に宗主国の地位を奪われる」と懸念を示したことを伝えた。これに対して、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はオンラインゲームに没頭する中国人。

Record China
2014年11月19日 20時24分
続きを読む

韓国企業、中国市場から相次ぎ撤退=外国企業に対する優遇政策見直しが主因―韓国メディア

16日、韓国・聯合ニュースは、大韓貿易投資振興公社と韓国輸出入銀行が公表したデータから、韓国企業の中国市場からの撤退が相次いでおり、その主な原因は中国政府の外国企業に対する優遇政策の見直しにあると報じた。写真は山東省青島。

Record China
2014年11月17日 12時23分
続きを読む

韓国企業が悲鳴!円安で相次ぎ業績不振に=韓国ネット「政府が日本に弱腰な理由」「国がどうなろうと関係ない!」

5日、韓国メディアによると、円とウォンの為替レートは100円が950ウォンを切り、6年ぶりに円の最安値を更新した。円の急落によって、韓国企業が悲鳴を上げている。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の銀行。

Record China
2014年11月6日 5時4分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング