Record China

ヘッドライン:

日本で中国人観光客をターゲットにしたぼったくりが多発、在日中国大使館が注意喚起―中国メディア

配信日時:2014年11月15日(土) 7時39分
拡大
14日、人民網によると、在日中国大使館は「中国人が日本でぼったくりの被害などに遭うケースが増加している」として注意を呼びかけた。写真は日本の街。
(1/2枚)

2014年11月14日、人民網によると、在日中国大使館は「中国人が日本でぼったくりの被害などに遭うケースが増加している」として注意を呼びかけた。

その他の写真

大使館によると、ガイドが店側が結託して、ウソの広告で中国人観光客に美容製品や健康食品、化粧品などを売りつけたり、日本語が分からないことに乗じて高い値段で商品を買わせてマージンを受け取ったりしている。帰国前夜を買い物時間にあて、返品できないようにしているケースもあるという。

在日中国大使館は、「日本で買い物をする際はガイドの口車に安易に乗らないように警戒してほしい。高い買い物をする際は、商品についてよく理解し、本当に必要かどうかよく考え、理性を持った消費をするように。購入後はレシートをなくさないよう」と注意を呼びかけている。(翻訳・編集/TK)

関連記事

訪日中国人男性が胸を熱くした、バス会社の対応=「チケット2枚7000円の商売なのに…」―中国ネット

6日、中国のインターネット掲示板に登場した「中国版ツイッター・微博で、在日中国人の日本人に対する評価が高いのはなぜか」との質問に対し、訪日した経験を持つ中国人男性は自身が体験した日本について紹介している。写真は日本の街。

Record China
2014年11月13日 8時6分
続きを読む

ランキング