【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

台湾人が日本の駅で「身の毛がよだつ」思い=「3回生まれ変わっても日本人のようにはできない」―中国メディア

配信日時:2014年11月17日(月) 6時40分
台湾人が日本の駅で「身の毛がよだつ」思い=「3回生まれ変わっても日本人のようにはできない」―中国メディア
画像ID  443319
9日、中国メディアは、日本人の仕事に対する緻密さについて論じた記事の中で、日本人と取引を行ったことのある台湾人のネットユーザーの体験を紹介している。写真は東京駅。
2014年11月9日、中国メディアは、日本人の仕事に対する緻密さについて論じた記事の中で、日本人と取引を行ったことのある台湾人のネットユーザーの体験を紹介している。

その他の写真

台湾人ユーザーは、「あるメーカーの担当者が私たちの会社に来た。彼は日本を訪れる予定だと言い、日本の会社が彼に渡したスケジュール表を見せてくれた」と紹介。そのスケジュール表には、起床から食事、トイレ休憩、移動、睡眠までが5分刻みで区切られていた上、各日程の責任者や参加者の基本データ、連絡方法、写真までが記載されていたという。

しかし、最も驚かされたのは、「毎日の三食をどの店で取るか、メニューは何か、料理の説明までが書かれていたこと」だった。台湾人ユーザーは「この緻密さは、もはやわれわれの“やるかやらないか”のレベルではなく、まったくもって想像もできないことである」といい、見終わった後にはぼうぜんとしてしまったという。

さらに、「“緻密さ”だけを言えば、私は3回生まれ変わっても日本人のようにはできないだろうと思う。なぜなら、日本人が考えることは、われわれと同じレベルにないからだ」と指摘。その例として、日本の駅で見た標識を挙げる。標識には、トイレの方向とトイレまでの距離が書かれているのだが、少し先にある別の標識には、先ほどよりも短い距離が記されている。

「これはつまり、標識を一つひとつ作る必要があり、その都度、距離も測らねばならないということだ。東京駅にはこのような標識が無数にある。その仕事量と緻密さを考えると、身の毛がよだつ思いがする」という。

台湾人ユーザーは「かなり前に日本を訪れたとき、台湾人ガイドは『台湾は10年以内に日本に追いつくだろう』と言っていたが、数年前に訪れたときは、『台湾は日本には追いつけない』に変わっていた」と紹介。最後に「ある部分において、私は日本人に心から敬服している」と結んでいる。(翻訳・編集/TK)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事